手数料ゼロの価値の移転のための、スケーラブルで分散型の匿名性を備えた耐量子安全システム

By:
リカルド・バドエル

"IMesh / AidosMesh"

IMeshは、DAG(有向非循環グラフ)に基づく革新的な新しい分散型台帳に対する私たちの見解です。 IMeshはブロックチェーンと同じ問題(スケーラビリティなど)に悩まされてはいませんが、それでも同じ基本原則に基づいています。それでも分散型データベースであり、P2Pネットワークであり、コンセンサスと検証メカニズムに依存しています。 メッシュの構造は次の概念で定義されています。各トランザクションは他の2つのトランザクションを直接検証するため、それらが有効でプロトコルルールに準拠していることを確認します。 これはコンセンサスへの到達方法に直接影響します。 PoW(マイナー)またはPoS(ステーカー)が全体的なコンセンサスに責任を持つのではなく、アクティブな参加者のネットワーク全体がトランザクションの承認に直接関与します。そのため、ADKのコンセンサスはトランザクション作成プロセスから切り離されなくなりました。これは本質的な部分であり、ADKがトランザクションによる手数料無しで比類のない方法によりスケーリングできるようにするものです。 これによりADKは自律分散型の自動調整p2pネットワークとして動作できるようになります。

ADK VS ブロックチェーン

最初に前のパートで既に取り上げたスケーラビリティについて見てみましょう。これはおそらく、第1世代および第2世代の従来のブロックチェーンと比較して、ADKが継承する最大の利点の1つです。 ADKでは、シードまたはアドレスの値を順序付ける必要はありません。コンセンサスは並列化されており、ブロックのようにバッチの連続した間隔で行われないため、ネットワークはトランザクションの数に応じて動的に拡大および拡張できます。より多くのトランザクションが行われるほど、メッシュはより安全かつ効率的になります。ノードが同期しているときはすべてのトランザクションを繰り返すだけです。全てのトランザクションの値は、前の順序であるかどうかに関係なくアドレスにグループ化されます。全てのトランザクションが処理されると、全てのアドレスに現在の正しいバランスが含まれます。ブロックチェーンのように1つのブロックにトランザクションの最大数はなく、ブロックサイズの議論はありません。 複数のコーナーから正しいピースがパズルを形成するために、複数の目が同時にランダムに見ている場合はパズルを1つのコーナーから1つずつ並べ替える必要はありません。目が多いほど速くなります。 Aidosはマイニングを要求せず、ブロックレスであり、ブロックチェーンとは対照的に大きくなるほど速くなります。

  

トランザクションのシステム

ADKでのトランザクションの発行は、3つの簡単なステップで構成されています。

  • 1. 署名::
  • 最初に、トランザクション入力は秘密鍵で署名されます

  • 2. ヒントの選択::
  • 次に、ランダムウォークモンテカルロアルゴリズムを使用して、トランザクションによって参照される2つのヒント(未確認のトランザクション)をランダムに選択します。

  • 3. 作業証明::
  • 取引がネットワークで受け入れられるようにするには、Hashcashと同様に暗号パズルを解く必要があります。 上記のすべての手順が完了すると、トランザクションがネットワークにブロードキャストされます。

その後、他の誰かがチップ選択プロセスでトランザクションを参照し、それを検証する必要があります。
その後、取引が確認されます。

技術データ:

 

  • 総発行枚数: 25.000.000
  • プレマイン: 無し
  • マイニング: 無し
  • テクノロジー: IMesh(DAG)
  • 応用分野: 金融、IoT(モノのインターネット)、スマートコントラクト

 

特徴:

 

  • オープンソース
  • 手数料無し
  • スケーラブルでブロック無し
  • 耐量子性
  • Aidos財団による支援
  • デスクトップウォレットとモバイルウォレット

  

  

jaJP
en_USEN ru_RURU ko_KRKR de_DEDE cs_CZCZ jaJP